© 2016 by Naoto Tsuneki

つねき  なおと

恒枝直豆 陶芸家

1971年 岡山県倉敷市に生まれる (本名 直人)

1995年 愛媛大学工学部卒業

1997年 備前焼作家 末石泰節 師事

1998年 備前陶芸センター 

1999年 備前焼作家 佐藤苔助 師事

​2001年 北海道富良野にて独立 楽葉窯と称す

2003年 第12回花の器コンテスト入選   (埼玉)
     第33回全陶展入選        (東京)
     第26回長三賞ビエンナーレ 入選

                      (愛知県常滑)
     第78回道展 入選(札幌市民ギャラリー)

 

以降  札幌 倉敷 富良野にて毎年個展開催

    東京 松山 にて個展開催

 

企画展参加多数

北海道富良野にて 2001年から2016年8月まで活動

2016年 岡山県浅口市に移転

​2017年 穴窯を築窯 初窯を出す

​2018年 第61回日本伝統工芸中国支部展 初出品初入選

 

備前の土を穴窯で焼き締めた恒枝の器は

薪で焚いた時の煙の量を抑えた

明るいオレンジ色が特徴

普段使い出来るよう薄手で軽く

キッチンを中心としたモノを多く作っています

 

煙すなわち灰の量で器の色が決まる備前の土は

窯の焚き方で様々な色や風合いになります

 

伝統的な素材ですが

普段使いできるよう心がけ

シンプルに使える器を目指して作っています

加えて 

ふらのクリエーターズマーケット実行委員会委員長を2005年から2016年まで就任